LOADING

matic | マティック

OTONAHAOKINAWA

沖縄県商工連合会の展示ブースデザイン。 お土産でなく日常生活で使ってもらうことをイメージし、沖縄らしさでなく商品の良さを前面に出すというコンセプトのもと発足されたプロジェクトです。食品メーカーはデリカテッセン・トレードショーに、雑貨はファッションの合同展roomsへの参加と、違う展示会や出展者でもサーキットできるオリジナルのスタンドをデザインしました。
ビニールハウスの部材を骨組みとしたスタンドは装飾の多様性や収納力など機能面でも優れ、会期が終了した後も、沖縄の店舗で使用したいという声が相次いだり、同じような形のものが多く作られていたりと、イベント用スタンドのマスターピースとなっています。

Exhibition booth design of the Okinawa Federation of Commerce and Industry. Imagine that you use it in everyday life instead of souvenirs, products that are not Okinawan
This project was launched under the concept of bringing the goodness of to the forefront.
Food manufacturers participated in the delicatessen trade show, and miscellaneous goods participated in joint fashion exhibition rooms.
We have designed an original stand that can be circuited by different exhibitions and exhibitors.

WORKS
POPUP/EVENT
TASK
spatial design
DATE
2016.02
PLACE
delicatessen trade show
/ rooms
CLIENT
Okinawa Prefecture
PLANNING
rooms