LOADING

matic | マティック

“1000 Memories of” by YUKI FUJISAWA

テキスタイルレーベル・YUKIFUJISAWAが、原美術館の中庭にて行った、ワークショップとモデルプレゼンテーション。maticはその空間演出を担当しました。
ヴィンテージ素材に染や箔を施すことで、単なる古着のリメイクではなく新しい価値を生み出すアートピースを製作するYUKIFUJISAWAの世界観。
その作品が飾られるフレームはパイプ一本一本に丁寧に箔を施し、作品の世界観を演出。 
圧迫感のない抜けを作ることで、背景の歴史ある原美術館の建物ともシンクロさせました。

Workshop and model presentation by textile label YUKIFUJISAWA in Hara Museum’s courtyard. Ateliermatic was responsible for directing the space.
An art piece that creates new value, not just a remake of old clothes, by applying dye and foil to vintage materials
The world view of YUKIFUJISAWA that produces
The frame on which the work is displayed is carefully wrapped foil on each pipe to create a world view of the work.
By creating an omission without pressure, we synchronized with the building of the Hara Museum, which has a historical background.

1日限りのイベントで、1日3度のプレゼンテーションが行われました。当日朝は晴れでしたが、その後天気が移ろい、晴れ、曇り、小雨と3度全て違う状況でのプレゼンテーションでした。光の入り方によって箔が反射する具合や、雨の水滴がまた違う表情を作ったりと、屋外ならではプレゼンテーションとなりました。
メインの展示空間だけでなく、受付やワークショップスペース、今回のプレゼンテーションの案内人とされる人へのプロップなども合わせて手がけました。

A one-day event, three presentations a day were made.
The morning was fine the weather changed where it became fine, cloudy, and light rain. The presentation was unique to the outdoors, depending on how the light entered and the appearance of the raindrops it reflected to the foil
In addition to the main exhibition space, we worked on reception and workshop space, as well as the guides of this presentation.

WORKS
INTERIOR
TASK
spatial design
DATE
2019.03
PLACE
HARA Museum
CLIENT
YUKI FUJISAWA
DESIGNER
Yuki Fujisawa
PHOTO
Kisshomaru Shimamura
PLANNING
Kao Kanamori
MANAGEMENT
Tatsuhiko Kataoka(bon)