LOADING

matic | マティック

as it is (my own exhibition)

初となる自身の展示を、シャンデリアアーティスト、キムソンヘ氏との二人展として、南青山のファッションブランド’MUVEIL’のギャラリースペースで行いました。
これまでの空間デザインのクライアントワークとはまたジャンルが違い、これまで自身の培ってきた経験や技術、スタイルなど積み重ね、それらを融合しアートピースとして形に落とし込みました。
これまで買い集めてきたアンティークやビンテージのパーツを展示什器としてリメイクし、相反するアクリルというモダンな質感のアートピースを、その中に展示しました。古く昔から使われてきたものが新たな形となり、まるで時を止めたかのようなその展示は、各界から多くの評価を頂くことができました。

The first exhibition of my own work with chandelier artist KimSonghe was held as a two-person show at the gallery space of the fashion brand ‘MUVEIL’ in Minami Aoyama.
It is a different genre from my previous space design client work, and I fused the experiences, techniques, and styles that I have cultivated and fused them into an art piece.
I remade the antique and vintage parts I’ve been buying as display fixtures, and I put the contradictory acrylic art piece with modern texture into the display.
We displayed it in the exhibition. The exhibition, which seems to have stopped time, was highly appreciated by many people in various fields.

WORKS
INTERIOR
TASK
spatial design, art work
DATE
2017.11
PLACE
GALLERY MUVEIL
CLIENT
atelier matic
PHOTO
Akira Inoue
EXHIBIT WITH
Kim Songhe